02«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

Fiddledadのblog

放射能汚染について考察するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

セシウムとカリウムの比較 

「バナナにも放射性物質(放射性カリウム)が含まれているから、放射性セシウムは問題ない」というようなことを言う人がいるが本当だろうか。

我々の身の回りに存在する放射性カリウムに比べて、放射性セシウムがどうして危険なのか自分なりにまとめてみた。放射性セシウムが放射性カリウムに比べて危険なのは以下の理由によるものと思われる。

(1)排出されにくい(実効半減期が長い)。
(2)特定の臓器に蓄積される。

まず、(1)について、「実効半減期」とは、簡単に言うと、体内に取り込まれた放射性物質が半分に減少するまでの期間をいう。この実効半減期は、セシウム137は、埼玉県のこちらのページに記載されているように、109日であり、放射性カリウムは30日である。

わかりやすいようにアニメーションを作成してみた。このアニメーションは、人間の体を容器に見立て、放射性カリウムと放射性セシウムを毎日100ベクレル摂取したときに体内に蓄積される量を示している。なお、計算式としては、こちらと同じ式を使っているので、計算結果は正確である。計算によると、セシウムの方が実効半減期が長いため、一旦取り込まれたセシウムは長らく体内に留まって排出されない。このため、容器に溜まるセシウムの量は、カリウムに比べて多くなる。なお、容器に入ってくる量(=100ベクレル)と、出て行く量(=100ベクレル)が等しくなった時点でバランスし、一定量が体内に保持される。

放射性カリウムと放射性セシウムの蓄積の様子
アイコン1


ちなみに、毎日100ベクレル摂取した場合、カリウムは約4400ベクレル体内に蓄積され、セシウムは16000ベクレル体内に蓄積される。約4倍近くセシウムの方が蓄積される。以下は、毎日100ベクレルのセシウムとカリウムを摂取した場合の体内に蓄積される量の推移を示すグラフである。

セシウムとカリウムの蓄積量推移


つぎに、(2)であるが、カリウムの場合には、体内の特定の臓器に蓄積されることはあまりなく、速やかに排出される。以下のアニメーションを参照して欲しい。

カリウムの体内挙動
アイコン2


一方、以下は体内のセシウムの挙動を示している。
セシウムの体内挙動
アイコン3


セシウムの場合、心臓や脳等に選択的に蓄積され、長期に亘って内部被曝することになる。特に、心臓や脳は心筋細胞や脳細胞はほとんど分裂しないためにセシウム137が過剰に蓄積しやすい。
以上の理由から、バナナにも放射性物質が含まれているから、セシウムも大して危険ではない、ということにはならない。
スポンサーサイト

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

校庭の土埃からの内部被曝 

2011年8月28日にNHK ETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図3 子供たちを被曝から守るために」が放送された。番組は現時点ではこちらで見ることができる。この放送を改めて見直してみると気づくことがあった。

番組の中で、二本松市に住む二人の兄弟の外部被曝量と内部被曝量を測定していた。中学二年生の兄は野球部に所属し、校庭で練習をしている。一方、小学校4年生の妹はバスケットボール部に所属し、体育館で練習をしている。
以下が、二人の1週間の外部被曝量である。外部被曝量は兄が73マイクロシーベルトで、妹が65マイクロシーベルトである。

外部被曝量
外部被曝量


校庭で野球の練習をする兄の方が妹よりも外部被曝量が多いのは理解できる。


一方、内部被曝量は以下に示すように兄が59.3マイクロシーベルトで、妹が33.2マイクロシーベルトである。

内部被曝量
内部被曝量


おどろいたことに、外部被曝量は1.1倍程度であるのに対して、内部被曝量には2倍近い差がある。番組では、二人の兄弟にほぼ倍近い内部被曝量の差があるのは、兄は校庭で野球の練習をし、グランドの土埃を呼吸によって吸入するからと結論付けている。

セシウムによる内部被曝は、こちらのエントリでも書いたように、ごく微量でも長期的には体に悪影響を与える。福島県はもちろんのこと、関東でも事故によって1平方メートルあたり数万ベクレル近い放射性セシウムが降り積もっている。このような環境で、子供達の体に影響がないと断言できるだろうか。

こちらのエントリにも書いているように、地表から1mの高さで空間線量率が0.13μSv/h以上の場所は、一般人の立ち入りが制限される放射線管理区域に該当する。少なくともこの0.1μSv/hを超える場所については、保護者が協力して除染をする必要があるのではないのか。

また、このような汚染を放置することは、風によって運ばれた学校の近隣住民への健康被害も憂慮される。こちらのブログには、除染をしても風によって校庭から土埃が運ばれて、すぐに線量が高くなってしまうことが記載されている。

子供達の将来の疾病リスクを減らすためにも、いまいちど、考える必要があるのではないか。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

理性の目 

このブログを読んでくださる皆様は、既にお気づきのことと思いますが、311以降の最も大きな変化は、ばらまかれた膨大な量の放射能によって、福島県のみならず、埼玉県や上尾市を含む広大な範囲で、身の回りの環境が、我々に牙をむく過酷な環境に豹変してしまったことです。そして、その豹変した環境の格好の餌食は、小さな子供達であるということです。

残念ながら、放射能は我々の五感で感じることができませんので、その変化は「理性の目」でしか見ることができません。その理性の目で現実を直視するためには、大変な努力を要するとともに、恐怖を伴います。ともすると、我々の怠惰な感性は、311前のあの安穏とした生活への思慕の念から、理性の目で見ることを止めてしまいがちです。

理性の目で見ることとは、すなわち、自分の頭で考えること、そして、どんなに残酷であっても、豹変してしまった現実を直視する勇気を持つことだと思います。放射能との戦いは、私たち親の世代だけでなく、子や孫の世代まで続きます。その現実を直視し、我々の子や孫の犠牲をできる限り減らす努力をすることが、311前の安穏とした生活を享受した我々親の世代の責任ではないでしょうか。

一人でも多くの方が、この、残酷なまでに豹変してしまった現実を「理性の目」で直視されることを望みます。

category: 感想

cm 0   tb 0   page top

何度も警告する 

何度も警告するが、瓦葺小学校には、地表から1mにおいて空間線量率が0.13μSv/hを超える場所が散在している。0.13μSv/h程度はたいしたことがないと認識される方もあると思うが、これは大変な誤解である。

2月4日測定結果2


地表から1mにおける空間線量率が0.13μSv/hであることは、地表の汚染は4万ベクレル/㎡を超える可能性がある。これは、以下のことを意味している。

(1)日本の法律で定めれる放射線管理区域に該当する汚染である。
(2)チェルノブイリ原発事故の際の第三区分(3万7千ベクレル/㎡以上)に該当する汚染である。

ちなみに、チェルノブイリ原発事故の第三区分の地域では、事故後10年から20年の間に、その地域で呼吸しその地域の食品を食べていた人々(成人含む)の中でガンや白血病が増加したエリアである。また、(1)の区分に該当する場所に入る場合、日本では以下のような装備が必要になる。

013の装備
小野俊一氏のプレゼンテーションより。


チェルノブイリ事故の際に、現地で5年半の医療従事経験を持つ松本市長の菅谷昭氏は、こちらのページで以下のように指摘している。

引用開始
ベラルーシでは原発から90km地点の軽度汚染地域と指定されているモーズリ(私も住んでいた地域)でも、子どもたちの免疫機能が落ち、風邪が治りにくくなったり、非常に疲れやすくなったり、貧血になるといった、いわゆるチェルノブイリエイズの症状が出ている。併せて、早産、未熟児等の周産期異常も増加している
引用終了

ここで、「チェルノブイリエイズ」の症状が出ている「モーズリ」は、このホームページの最後の地図に示されているように、3万7千ベクレル/㎡以上の汚染領域(第三区分)に該当している。

事故発生当初に政府が「直ちに健康被害はない。」と何度も説明していたが、これは裏を返せば「直ちには健康被害はないが、将来は健康被害が生じる可能性がある。」ということだ。

瓦葺小学校だけでなく、他の公共施設(保育園、幼稚園、小学校、中学校、公園等)でも、このような部分的に線量が高い場所が散在することは予想できる。ではどのようにすればいいのか。このように線量が高い場所については、継続的に観察を続けるとともに、特に、子供達が集まる場所については、保護者が協力して除線するべきだ。表層の土壌を5cm程度削って子供が近づかない場所に埋めてしまえば、とりあえずは安心できる。もちろん、特定の場所に土壌を移動して長期にわたって管理することが望ましいが、現状では難しいであろう。そこで、短期的には、施設内に場所を決めて土壌を移動して管理するしかないと思う。

なお、セシウムの危険性については、以下のエントリにもわかりやすく記載している。

バンダジェフスキー博士の主張

セシウムとカリウムの比較

校庭の土ホコリからの内部被曝

是非一読して欲しい。


category: 空間線量率

cm 0   tb 0   page top

前橋市の子供に甲状腺異常が確認? 

Twitterで以下のような投稿を見つけた。


群馬 前橋 6歳女児 念のため2月初旬に甲状腺エコーと尿・血液検査を受け、左側の甲状腺の腫れ、1~3ミリののう胞が5つと指摘されました。みんなのカルテさん


最も濃密なヨウ素131が関東を襲った3月15日の飛散状況のシミュレーション結果が以下の動画である。なお、前橋市は赤線で囲んである。

前橋市の動画はこちらを参照。

前橋I131

上の動画から、前橋では13時~14時の濃度が最も高く、1万ベクレル/立方メータ近くあったことが分かる。
また、前橋市のモニタリングポストによると、13時~14時の空間線量率は、この日最も高く、0.562μSv/hであったことが分かる。

ちなみに、この日の埼玉県のモニタリングポストによると、この日は11時頃の空間線量率が最も高く1.222μSv/hであった。
この日の埼玉県のヨウ素131の飛散状況の動画はこちらを参照。なお、太い赤線で囲んであるのは上尾市である。

前橋I131


もし、この投稿が事実であるとすると、空間線量率が前橋市の2倍近くあった埼玉県でも甲状腺の異常が発生する可能性がある。
子供達がこのようなリスクを負っていることを認識し、対応を検討する必要があるのではないか。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

バンダジェフスキー博士の主張(毎日何ベクレル食べるとまずいの?) 

医師・病理解剖学者であるゴメリ医科大学初代学長であるバンダジェフスキー博士は、突然死を含む被曝小児患者の病理解剖を行い、セシウム137の体内分布を調査した。その結果、セシウム137が体重1kgにつき、10Bq蓄積していても、心筋における代謝異常が起きることが判明した。

以下の図を見て欲しい。この図はバンダジェフスキー博士が講演の中で使用しているグラフで、セシウムの体内濃度と、心電図の異常の相関関係を示している。
セシウムの体内濃度(Bq/kg)が0~5Bq/kgの範囲では心電図に異常がない子供の割合は83%前後であるのに対して、12~26Bq/kgの範囲では心電図に異常がない子供の割合は39%前後と半減している。セシウムの体内濃度が10Bq/kg程度でも子供の体に影響があることがこの図から推察される。なお、心電図の異常は心臓の拍動の異常を示すことから、突然死の増加と関係しているようだ。

心電図異常とセシウム濃度の相関図


そこで、毎日どの程度のセシウムを摂取すると、10Bq/kg程度蓄積するのかを計算してみた。
計算過程は、こちらにまとめてある。なお、使用している数式が正しいかの検証が必要であるので、まず、ICRPが公表している計算結果と同じパラメータを使って計算し、比較する。

ICRPの計算結果
ICRPによる計算結果


私の式による計算結果
独自式による計算結果

両者はほぼ一致しているので、私の式は妥当と考えられる。そこで、以上の式を用いて、毎日どの程度のセシウムを摂取すると、10Bq/kg程度蓄積するのかを計算した結果が以下の表である。

体重とセシウム摂取量

つまり、体重5kgの子供は、毎日0.32ベクレルのセシウムを摂取すると、10Bq/kgに達する恐れがある。体重が重いほど、摂取量は多くなるが、体重が60kgの場合であっても、5ベクレル未満である。

また、体重が5kgの子供が0.32Bqを毎日摂取した場合と、体重20kgの子供が1.27Bqのセシウムを摂取した場合の体内の蓄積量の推移は以下のグラフに示す。

Cs137の体内蓄積量推移

これらのグラフから、体重には余り関係なく約1年で、9Bq/kgのレベルに達し、600日前後で10Bq/kgのレベルに達することが分かる。

以上から、特に、小さい子供については、できる限り放射性セシウムの摂取量を減らすように努力することが必要であることが分かる。

給食等で測定限界が20Bq以上の測定器を使用している自治体もあるが、子供達の心疾患のリスクも考慮した場合、1Bq/kg未満まで測定できなければ意味がない。税金の無駄遣いである。

また、政府やマスコミは、ガンのリスクのみに注目し、100mSv以下では明確なリスクの増加はみられないとしているが、これは、ガンのみに焦点を絞ることによって、これ以外のより深刻なリスクから国民の目をそらしているのではないかと疑いたくなる。

category: 内部被曝

cm 3   tb 0   page top

郡山市で甲状腺がんの疑い患者に関する考察 

3月1日号の週刊文春に、郡山市在住の4歳と7歳の子供に甲状腺がんの疑いがあるしこりが見つかったという記事が記載されている。

3月11日に放送されたETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え」で公開されたヨウ素131の拡散シミュレーション結果から、郡山市におけるヨウ素131の拡散状況を調べてみた。なお、地図中で赤い線で囲まれいる場所が郡山市である。

静止画はこちらを参照。
動画はこちらを参照。

驚いたことに、郡山市は、13時から17時にかけてヨウ素を含む放射性プルームが通過してはいるが、その濃度は、青の範囲(千から万の範囲(1,000~10,000Bq/立方メータ))であるのだ。

一方、3月15日の放射性プルームは、午前中に首都圏を襲っている。以下の図を参照して欲しい。

静止画はこちらを参照。
動画はこちらを参照。

これを見ると、郡山市よりも1つ高いレンジ(万から十万(10,000~100,000Bq/立方メータ))に属する黄色で覆われた範囲が栃木、茨城に広範に存在する。また、埼玉は郡山市と同じレンジ(千から万(1,000~10,000Bq/立方メータ))に属する青色で広い範囲が覆われている。

もし、郡山市で市民に甲状腺の異常が発生しているのならば、それよりも汚染が深刻な栃木および茨城、同程度の埼玉でも甲状腺の検査は実施すべきではないのか。

事故当初は、チェルノブイリで発生した子供の甲状腺ガンは、汚染された牛乳を摂取したことによると言われていたが、呼吸で吸入した放射性ヨウ素にも原因があったのではないか。牛乳は摂取しないという選択ができるが、吸入による被曝は、屋外に居る限り呼吸しないという選択はできない。首都圏にも放射性ヨウ素が到達することは、WSPEEDIによる予測で分かっていたはずであるので、そのような情報を国民に開示せず、屋内待避という選択肢を子供達から奪った関係者は、その判断については責任を取るべきと思う。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

東大が都民の内部被曝を推定 

東大が都民の食物からの被曝を推定して発表した。

ここを参照。

これによると乳児と幼児の全身の内部被曝量は0.05mSv程度であるようだ。おそらくICRPの計算式から求めたのであろう。

しかしながら、計算には事故当初の被曝は含まれていない。また、ストロンチウムによる被曝もおそらくは考慮されていないものと思われる。さらに、内部被曝を軽視するICRPの係数を用いるのであればこの程度の値になることは予想できる。

私自身も昨年12月の勉強会用に、内部被曝を計算している。

こちらの12ページ以降を参照。

私の計算によると、飲食についてはセシウムだけを考慮した場合、この発表に近い値を得ている。

事故直後の被曝については世田谷の観測結果に基づいて計算しているが、最も深刻なのは呼吸による甲状腺の被曝である。

また、セシウムの1/10の割合でストロンチウムが含まれている場合(チェルノブイリでは1/10がストロンチウムであったらしい)には被曝量が増加する。

どういう目的で発表したのか知らないが、もう少し、詳細に調べる必要があるのではないか。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

3月15日の放射性ヨウ素の飛来2 

3月11日に放送されたETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え」では、福島県浪江町の津島地区に居た成人男性の甲状腺等価線量が87mSvであるとされていた。この値から推測すると、4歳児では甲状腺の等価線量は400mSvで、1歳児では753mSvの等価線量になるそうだ。とんでもない値だ。

以下は福島県の昨年3月15日のヨウ素131の拡散状況のシミュレーション結果である。この図から、津島地区は同日の17時から19時にかけて黄色で覆われている。ところで、この黄色はオレンジ色に近い色であるから、1万から10万のレンジの中では低い方の1万に近い値を示している。つまり、津島地区は1万ベクレル/立方メートル程度のヨウ素131で覆われていたことになる。

福島県のシミュレーション結果

一方、以下は、同じ3月15日に首都圏を襲ったヨウ素131のシミュレーション結果を示している。この図から、3月15日の午前中、茨城県および栃木県に黄色の1万ベクレル/立方メートルの場所が存在している。また、埼玉県も白色の1万ベクレル/立方メートルに近い場所が存在している。

首都圏のシミュレーション結果

これらの比較から、もし、福島県で甲状腺の検査が必要なのであれば、茨城県および栃木県はもとより、埼玉県でも特に乳幼児については念のために甲状腺の検査が必要なのではないか。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

3月15日の放射性ヨウ素の飛来 

3月11日にETV特集「ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え」が放送された。番組中、これまで存在しないとされていた福島県のモニタリングポストの観測データが見つかり、そのデータに基づいて、ヨウ素131の拡散状況のより精度の高いシミュレーション結果が示された。そこで、このデータを見やすいように静止画にするとともに、埼玉県と上尾市を赤い線で示した。

詳細はこちらを参照

これを見ると、埼玉県でも3月15日の午前中には1万ベクレル/立方メータ程度のヨウ素131が大気中に漂っていたようだ。ヨウ素132も同じ量存在する可能性が高いことから、これらをまとめてICRPの計算式を適用した場合、子供の甲状腺等価線量は10mSv~20mSv程度に達する可能性がある。もちろん、いくつかの仮定を含んでいるのであくまでも参考値ではあるが。

初期被曝の状況は、明らかになっていない点が多い。しかし、以上の結果を踏まえて、埼玉県でも、子供達の健康を最優先に考慮し、子供達の甲状腺に異常が生じないか、継続的に見ていく必要があるのではないか。

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。