09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Fiddledadのblog

放射能汚染について考察するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

コメントを頂きました。 

Re: あまりのことに絶望
> 校長先生の言葉とは思えません。
> 上尾市の教職員は文科省に雇われているとでも?子どもを何だと思ってるんですか!猛烈に抗議します。


以上のコメントを頂いたエントリの記載内容は面談を録音した内容に基づいて作成しています。
「0.23μSv/h以下は安全」と言う発言や、
「今の文部科学省を我々は押し頂いている」という発言や、
「日光市が上尾市に比較して放射線量が有意に高いとは言えない」という発言は、録音で確認していますので、信じられませんが事実です。

0.13μSv/h以上の場所は4万ベクレル/㎡の汚染に該当し、放射線管理区域に相当することから、子どもはおろか大人の立ち入りさえ法律によって制限されることは、 文部科学省の実測値と、理論的な計算値の2種類から導かれ、 それも証拠として示しましたが、「それは個人的な意見だ」ということで一蹴されました。
小学生が計算しても確認できるのですが・・・。

また、上平北小学校では校長先生自らが学校菜園で採れたジャガイモの放射性物質を業者に頼んで測定し、その結果を「学校だより」に公開していると言ったら、 上平北小学校では畑の面積が600平米で、我々の畑は60平米だから、 規模が違うから測る必要はないと強弁しました。
この校長が上平北小の校長だったとしても測定するとは思えません。
また、この発言は、少量であれば被曝してもよいという解釈ができますね。
私の趣旨は、子ども達は放射性物質に囲まれた生活を今後も送らざるを得ないから、被曝はできるだけ少なくする努力を学校側にお願いしたい、ということなのですが、それも個人的な意見で、文科省は安全と言っているからと一蹴されました。

修学旅行の行き先は、校長に決定権(編成権)があるのでそれを指摘し、わざわざ高線量の場所に連れて行って被曝させる理由は何かと尋ねると、 「それは答えられない」と言っていました。理由も答えられないのに、他人の子どもを無用に被曝させるな、と思います。

この校長は、「学校だより」に、科学リテラシーがない人間は、オウム真理教の似非(えせ)科学に騙される、というような文章を書いています。 しかし、私からすれば、この校長は、国家が喧伝する「放射能は安全」または「0.23μSv/h以下は安全」と言う似非科学に騙され、子ども達を無用に被曝させていると言わざるを得ません。騙された責任を校長自身が取ることについては「大人の自己責任」ですから異存はありませんが、現実に責任を負わされるのは放射線への感受性が高い子ども達です。保護者として到底受忍できません。
我々大人は、「原発は絶対安全」という国家が喧伝する似非科学に騙されて、子ども達を無用に被曝させてしまった訳ですから、これ以上の無用の被曝を避けるためにも、国家が言っていることを全て鵜呑みにするのではなく、自分自身の頭で考えるべきときではないでしょうか。


真の科学リテラシーとは、自分自身で判断できる「知識」のみならず、「権威に屈して真実をねじ曲げない勇気」を持つこと、ではないかと思います。



学校側と交渉するのは今回が4回目ですが、全く進展がありません。少し、表現がきついところもありますが、多数の児童の健康を管理する責任者としては、あまりにひどい対応なので、厳しく書かざるを得ません。


引き続き、瓦葺小学校への抗議をお願いします。(匿名可能)
抗議はこちらから。

スポンサーサイト

category: 感想

cm 2   tb 0   page top

コメント

むだです

はずれの校長、担任にあたってしまったら、話し合うだけ無駄です。
息子は親の見ていないところでゴミ係にされていました。
それを知ったのは西に避難した後です。
運動会前の草取りの日に休ませたのが気に入らなかったようです。
もん #- URL [2012/09/19 01:42] edit

Re: むだです

> はずれの校長、担任にあたってしまったら、話し合うだけ無駄です。
> 息子は親の見ていないところでゴミ係にされていました。
> それを知ったのは西に避難した後です。
> 運動会前の草取りの日に休ませたのが気に入らなかったようです。

そうですね。大はずれですね(笑)。
学校だよりに書かれた科学リテラシーの話を読んだとき、
多面的な見方ができないし、科学を良く分かっていない人だな、
と思っていましたが、その通りでした。

実際に会って話してみると、文科省以外の価値は存在しないような態度だし、
放射線について議論すると、馬脚が直ぐに現れました。
例えば、「今回の事故で、プルトニウムも飛散しているというが、
さいたまラボで測定した結果ではプルトニウムは検出されていないではないか、
お前は嘘つきだ」というような主張をするので笑ってしまいました。

一般社会ではあり得ないことが、学校ではまかり通るようですね。
大津市のいじめ問題を見れば分かりますが。

かなり高いハードルだとは思いますが、
子どもを人質にとられているので、
気長に声を上げていこうと思います。

また、福島では甲状腺の異常が44%近くでており、
上尾市でも自主検査で甲状腺異常を指摘された人が何人もいます。
健康被害が発生した場合には、この無作為の校長も相手取った、
集団訴訟を提起することも頭の片隅においています。

校長の対応には法律的に瑕疵(不法行為)があることを、
指摘しつつ、証拠物件の収集に力を入れたいと思います。

これだけ不法行為の存在を指摘しているのだから、
過失で行ったのではなく、故意に行っていると推認できますよね。
言い逃れはできません。



Fiddledad #- URL [2012/09/19 05:31] edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fiddledad.blog.fc2.com/tb.php/44-9c65bdd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。