07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Fiddledadのblog

放射能汚染について考察するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

原発事故から5年近く経った校庭の線量は? 

2011年3月の原発事故からもう少しで5年が経とうとしている。

下の図は、セシウムの減衰曲線を示している。縦軸はセシウムの量を示し、横軸は時間の経過(月)を示している。一番下の青色の曲線は、セシウム134の減衰曲線を示してる。セシウム134は半減期が約2年と短いので、約5年が経過した現在では事故当初は“1”だったものが“0.2”程度に減衰している。一番上の赤色の曲線は、セシウム137の減衰曲線を示してる。セシウム137は半減期が約30年なので、約5年が経過した現在でも事故当初は“1”だったものが“0.9”程度にしか減衰していない。真ん中の緑色の曲線は、セシウム134とセシウム137が合算で“1”あったものが時間の経過とともに減衰する様子を示している。5年が経過した現在では、“0.5”程度と半分になっている。原発事故で飛散したセシウム134とセシウム137は約1:1程度であったと考えられるので、この緑色の曲線と同様に環境中に飛散された放射線セシウムは減衰するものと考えられる。


セシウム減衰

以上の点を頭に入れて、(埼玉県)上尾市立瓦葺小学校の校庭の線量の5年前と今を比べてみる。

下の図は、5年前の測定結果を示している(クリックすると拡大)。


瓦葺小放射線マップ

5年前に0.2μSv/hだった場所と、0.1μSv/hだった場所を測定してみた。

下の写真は5年前に0.2μSv/hだった場所で、現在では、0.1μSv/h程度に下がっている。


高い

一方、下の写真は、5年前に0.1μSv/hだった場所で、現在では、0.05μSv/h程度に下がっている。

低い

ちなみに、下の写真は、現在の自宅の室内の線量である。線量は0.035~0.040μSv/hで事故直後から殆ど変化していない。これは、事故前に建てた家の下には事故前の汚染されていない土が残されているためと思われる。

室内

下の図は、事故前の各地の空間線量率を示している。埼玉県は0.034μSv/hとなっている。

はかるくん

また、下の図は事故前後の埼玉県の空間線量率の変化を示している(クリックすると拡大)。放射性プルームが埼玉を襲った3月15日前は、空間線量率は0.033μSv/h前後で推移しているが、3月15日の午前11時には最大の1.22μSv/hに達している。

埼玉空間線量

校庭で測定した「0.1μSv/h」という空間線量率は、事故後の日本では珍しくない値である。しかし、チェルノブイリ原発事故から28年が経過した現在でも、様々な健康影響が報告されているコロステン市も空間線量率は0.1μSv/hであるようだ。なお、下の画像をクリックするとOur Planet Tvの動画が表示される。

コロステン


コロステン市ではこれだけ手厚く子ども達を保護していても健康影響が発生している。何も対策をしていない日本が将来大きな災いに見舞われないことを祈るばかりだ。


スポンサーサイト

category: 土壌汚染

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fiddledad.blog.fc2.com/tb.php/68-700e945c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。