09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Fiddledadのblog

放射能汚染について考察するブログです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

甲状腺がんの原因と対策を論理的に探る。 

福島県民健康調査検討委員会での議論を聞いて思うのは、論理的な議論がなされておらず、論旨が見えにくいことだ。もちろん、「故意」にそうしている可能性もある。論旨が見えにくい場合には、チャートにまとめて【見える化】することが一番だ。そうすれば言葉尻を捉えた議論に堕することなく、論点が明確になるからだ。なお、このチャートはクリックすると拡大する。



まず、ST1(一番上の青色の枠)で、福島県の甲状腺がんは多発か否かを判断する。もし、多発でない(NO)とすれば、そもそも甲状腺検査を継続する意味はないから、ST2に進んで、「甲状腺検査は直ちに止めるべき」が結論になる。もし、多発である(YES)とすると、ST3に進む。なお、福島県民健康調査検討委員会では多発であることは認めている。

つぎに、ST3では、甲状腺がんはスクリーニング効果によるものであるか否かを判断する。ここで、スクリーニング効果とは精度の高い検査機器(甲状腺エコー検査装置)で検査することで、何年か後に見つかる甲状腺がんを前もって見つけてしまうことをいう。もし、甲状腺がんの多発がスクリーニング効果によるものであれば(YES)、自覚症状が現れてから治療すればよいだけの話だから、ST2に進んで、「甲状腺検査は直ちに止めるべき」が結論になる。もし、スクリーニング効果でない(NO)とすると、ST4に進む。なお、福島県民健康調査検討委員会ではスクリーニング効果ではないことは認めている。

つぎに、ST4では、甲状腺がんは過剰診断か否かを判断する。ここで、過剰診断とは生命予後を脅かしたり症状をもたらしたりしないようながんの診断をいう。もし、甲状腺がんの多発が過剰診断によるものであれば(YES)、不必要な手術をしていることになるので、ST2に進んで、「甲状腺検査は直ちに止めるべき」が結論になる。もし、過剰診断でない(NO)とすると、ST5に進む。なお、福島県民健康調査検討委員会は、現時点では、過剰診断が原因の可能性が高い、としている。しかし、甲状腺がんの摘出手術を担当している福島県立医大の鈴木眞一氏は、過剰診断ではないとして、手術の適応症例と判断基準を公開している。鈴木眞一氏の主張するように、過剰診断でないとすると、福島県では、生命予後を脅かす可能性が高く、直ちに手術が必要な甲状腺がんが多発していることになる。

つぎに、ST5では、直ちに手術が必要な甲状腺がんの多発の原因は放射線か否かを判断する。もし、甲状腺がんの多発が、放射線が原因である(YES)とすれば、ST6に進み、事故当初放射性プルームが流れた近県(東京、神奈川、埼玉、群馬、茨城、岩手、宮城等)についても、甲状腺の検査を行うべきと判断する。なぜなら、これまでは被曝線量は少ないため甲状腺がんの多発はないと判断していたにも関わらず、放射線によって甲状腺がんが多発したとなれば、これまでの前提が崩れる。その場合、予想以上に被曝しているか、低線量被曝でも甲状腺がんになる可能性が高い。このため、事故当初にプルームが流れた近県でも検査が必要になる。一方、甲状腺がんの原因が放射線でない(NO)とするとST7に進む。

つぎに、ST7では、甲状腺がんの原因は放射線以外の原因による否かを判断する。もし、直ちに手術が必要な甲状腺がんの多発が、放射線以外の原因(例えば、未知のウィルス等)である(YES)とすれば、ST8に進み、福島県だけでなく、全国規模での検査を行うべきであると判断する。あくまでも仮定の話だが、例えば、C型肝炎のようなウィルスによって甲状腺がんが多発しているとすれば、他にも感染者が大勢いる可能性があるから、直ちに全国規模での検査が必要になる。なお、このST7でNOと判断する選択肢は存在しない。

埼玉県に住む人間としては、ST6(近県でも甲状腺検査が必要)と判断されることを恐れている。決して、福島県だけの問題ではないのだ。

スポンサーサイト

category: 内部被曝

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://fiddledad.blog.fc2.com/tb.php/69-fc04ba21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。